2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。
ホーム | 菌糸ブロック > タダノヒラタケ菌タダノヒラタケ中粒子菌糸ブロック 1個
商品詳細

タダノヒラタケ中粒子菌糸ブロック 1個

販売価格: 580円 (税込)
[在庫あり] サイズ: 20
数量:

タダノヒラタケ 菌糸ブロック

中粒子タイプ 3500cc

※ノーマルチップ、粗目チップは廃盤となり、中粒子のみとなります。

 

オガ産地北海道産ブナ100%
  
チップ

中粒子 100%

含水率約50%
添加剤ふすま 約5%
内容量3500cc
特徴

標準ヒラタケです。

カンタケほどデリケートな菌ではないため、大変扱いやすい菌でございます。
 
低温菌のカンタケ菌に近く、オオヒラとカンタケの間くらいの菌と
 
お考えいただければと存じます。
 
カンタケと同様、低温菌(低温でキノコが発生する)のため、
 
冷蔵庫のような3〜10℃程度の場所で温度差がありますと、

(冷蔵庫に保管の際、ドアの開閉時など)キノコが発生しやすくなります。

※冷蔵庫で保存は可能でございます。

冷蔵庫保管中、一時的にキノコが発生してしまう場合がございますが、

ビン詰め後、培養中、飼育環境ではほとんどキノコの発生はございません。

 
ビン詰め後、常温ではほとんどキノコの発生は少ないです。
 
キノコが気になる方、最終ビンなどに最適です。
 
まれに、ブロックの状態で、大幅な気圧変化(台風時期、低気圧など)で
 
一時的にキノコが発生する場合がございます。

菌詰め後、菌廻し培養温度帯(二次発菌時、菌糸が活性しやすい温度帯)は

22〜24℃程度が適温となります。

オオヒラ、ヒマラヤと違い、多少温度差があってもキノコの発生は少ないです。

低すぎても、菌廻りにお時間がかかり、活性しにくくなり、

高すぎても菌が活性する前に弱ってしまう場合がございます。

菌が廻った後は、それぞれ飼育種の管理温度帯で管理をお願い致します。

国産オオ、ホペイ、ニジイロなどに多く使用いただいており、

また、キノコの発生が少ないことから、最終ビンに多く使用いただいております

 

 

他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
中粒子オガ

タダノヒラタケ中粒子菌糸ブロック 1個

販売価格: 580円 (税込)
[在庫あり] サイズ: 20
数量:

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス